今国会で必ずTPP批准阻止 舟山康江 参議院議員に聞く

今国会で必ずTPP批准阻止

舟山康江 参議院議員に聞く

 

私は、7月の参議院選挙で、TPPを最大の争点として訴えてきました。それは、米を中心とする東北の農業に大きな影響が及ぶことと、農業以外でも地域社会や医療の問題などに大きなダメージがあるからです。

 自民党など与党は、選挙でアベノミクスの是非を掲げていました。東北地方は、競争と効率化、規制緩和をあおるアベノミクスの恩恵が最も行き渡りにくいところです。

 農業とTPP問題を全面的に争点化したこと、東北の人々が「このままではいけない」と立ち上がり、声をあげてたたかってくれたことが、東北5県での野党統一候補の勝利につながったと思います。

 

【今の流れを変える】

 

国会の現状は、残念ながら与党が数で圧倒しています。数の力にまかせた乱暴な政治を止め、しっかり議論できる国会にするためには、衆議院選挙でも、野党の共闘が必要だと思います。共通の課題で力を合わせて、今の流れを変えることが求められています。

 TPPが成立してしまうと、国の違いや主権、独自性や多様性をすべて無視して、グローバルスタンダードという共通のルールで物事が決められてしまいます。世界をまたにかけて活動する多国籍企業のためのルールづくりです。こうして企業の側の利益のために、国民の生活が犠牲になることが最大の問題です。

 

【地域をつくる役割】

 

農業分野でいうと、アメリカのアグリビジネスが輸出をしやすくなるよう関税を下げ、「科学的根拠」の名の下に、食の安全基準も下げていくということを意味します。

 農業は単に食料を供給するだけでなく、環境守り、地域社会をつくるという役割があります。とくに水田農業は、共同の力を必要とします。だからこそ、地域の人が住んで集落が形成されて、農業に付随するお祭りや伝統文化を守り、育んできたのです。そこには効率化や一律的な規模拡大とは相容れません。

 また、食料は、安全保障の要です。私も国会で取り上げましたが、欧米では、農家の所得に対して戦略的に再生可能な水準を保障しているわけです。規模の大小にかかわらず、農家への支援が必要です。国連も推進し、世界の流れになっている家族農業や協同組合の役割がもっと評価されて当然でしょう。

 

【制度を成熟させて】

 

 民主党時代の戸別所得補償は、私が政務官のときにつくったものです。農業の多面的役割を考えたとき、本来ならば生産費を賄える価格を保障すべきです。しかし、国際価格が安い方向にいってしまうために、農業の多面的役割については価格に反映できていません。そこで行政が補てんし、再生可能な、つまり生産費を補償することによって多面的な役割が守れるのです。

 とりあえず戸別所得補償制度を復活して、入り口は不足払いだとしても、今後、環境・生物多様性保全、中山間地支払いなどの要素を加味していって制度を成熟させていくべきだと思います。

 今国会では、TPPの批准をなんとしても阻止することが求められています。国民すべてに関わる問題として、引き続き、運動を継続していただきたい。あきらめずに、自分の思いを周りの人たちに伝えて、運動を広げてください。私たちも国会で批准阻止に全力をあげます。

 

2016年10月24日 農民運動全国連合会(農民連)発行 『農民』記事より

 


2016年7月7日午後7時舟山やすえ米沢総決起集会での訴え


政見放送で訴えたいこと(2016年7月1日)

こんにちは。 舟山康江です。どうぞよろしくお願いします。

 

風通しの良さとは

 

さて皆さん、私たちは「あの会社は風通しがいいとか、風通しが悪そうだなあ」等といいますが、その風通しとはどういう意味でしょう。部下と上司が互いに自由闊達に議論ができる、爽やかで清々しい職場環境をイメージするのではないでしょうか。伸びていく会社や組織に共通すること、それが風通しの良さだと思います。逆に言えば、トップが決めたことにただ黙って従うような組織では社員も育たず、結果として衰退の道を歩むことでしょう。

 

安倍総理の政治運営に異論はないのか?

 

 政治の世界も同じです。トップにとって耳の痛いことも提言し、皆でしっかりと議論を重ねることで、より良い政策が生まれてきます。ところが、現実はどうでしょう。安倍総理の政治運営に対し、与党内から、異論や反対の声、建設的な提案はほとんど聞こえてきません。例えばTPPについて。多くの与党議員の皆さんは、もともと「断固反対」だったはずです。安倍総理が交渉参加に舵を切った時、一体与党の議員のうち、どなたが異論を唱えたのでしょうか? それこそ風通しが悪くてものが言えないのか、それとも最初から反対する気などなかったのか、私ははなはだ疑問です。

 

真の「安全保障」とは

 

 そのような中、私は、国民の生活や地域の実情に目を向けようとしない政治に対し、現場の声を届けたい、との思いで、再度の立候補を決意いたしました。今、政治の役割とは何か、と問われれば、私は、私たちの生活の安全・安心を守ることと答えます。安全・安心の中には、国土を守るという意味での安全保障、安全・安心な食べ物をしっかり確保するという意味での食料安全保障、医療、介護、福祉など、日々の暮らしの安心を守るための社会保障などさまざまあります。

 

老後は安心して暮らせるの?

 

しかし今、その安全・安心が脅かされようとしています。まずは、老後の安心について。今、政府はアベノミクスにより経済成長を遂げ、今後増加する社会保障費は、その成長の果実で賄うと言っています。しかし、実体経済は、あれだけ約束した二度目の消費増税ができないほど、低迷しています。安倍政権はこの現実を誤魔化しているのです。中でも問題だと思うのは、株高を演出するために、私たちの老後の安心を支える年金積立金を従来の制限を大幅に広げて株式に投資していることです。これは世界的に見ても異例なことで、アメリカでさえ公的年金については一円たりとも株式に投資していません。あまりにリスクの大きいギャンブル性の高い運用であり、しかも今、大きな損失を出していますが、運用実績の発表は先送り、実態は隠されています。

 

TPP加入で日本の医療はどうなるのでしょうか?

 

次に医療の安全についてです。日本は現在、国民皆保険によって、皆が等しく医療を受けられるような制度になっています。これは世界に誇るべき支え合いの仕組みであり、今後も後世に残すべき日本の財産です。しかし、TPP加入によりその安心安全が脅かされる危険性が高い。なぜなら国民皆保険はアメリカの保険会社との自由競争を阻害するからです。このことをなぜ、国民に説明せず、真っ黒塗のペーパーで誤魔化そうとするのでしょうか?

 

食の安全は?

 

また、消費者にとっては、日本では認められていない添加物の使用が可能になったり、遺伝子組み換え作物の輸入が解禁となり、食の安全面での危険性が高まることは大問題です。子ども達に安心安全な食べ物を食べさせたいと願う事は親として共通の思いだと思います。生産者にとっては、海外への販路拡大のチャンス!と喜び勇んで打って出たものの、肝心の足元が攻め込ま気が付いたら地域が崩壊していた、というようなことが現実的に起こりえます。

 

農業はお金の価値で測れない様々な役割を担っています

 

つまりTPP は、国民生活を守ることより企業の利益が優先される制度なのです。参加国間での合意がなされた今、いよいよ内容を精査し、影響を分析し、批准の賛否を議論する大事な時を迎えています。議論のないままに、なし崩し的に決めるといった「風通しの悪い」やり方は絶対に許せません。農業は、国民に食料を供給する重要な役割を担っていることに加え、集落を形成し、豊かな地域社会を育み、水や緑を守るなどの、お金の価値では測れない様々な役割を果たしています。林業、漁業も同様です。単に競争原理で、規模拡大や効率化を強いる政策では、森林や田園風景、集落を維持することは出来ません。ヨーロッパもアメリカも、こうした農業の役割を十分評価するからこそ、手厚い支援の上に農業の持続性を保っています。私は、今こそ戸別得補償制度を復活させ、生産者を直接支援する仕組みを再構築すべきと考えます。

 

「山の向こうのもう一つの日本」山形を守る!

 

山形県は、元駐日米国大使ライシャワー氏が言った「山の向こうのもう一つの日本」の姿そのものです。そして、それは日本人全体の財産であると同時に、世界中の人たちに共感してもらえる大切な価値だと思います。軍事による国土防衛というハードパワーも大切ですが、世界の人々に愛される美しい農村を守り後世につないでいくということこそが、ソフトパワーとして大きな安全保障になり得ると確信しています。全ては子どもたちの笑顔のために!私は、平和を願う地域の皆さんの声を聴き、しっかりと政策に反映してまいります。どうか、きたる参議院選挙には私、舟山やすえをよろしくお願いします。

(構成:事務局)


舟山やすえ「地域に力を!」2016年6月10日(ショートムービー)


2016年5月19日  山形・山辺・中山 舟山やすえ総決起集会 より

■阿部喜之助氏
誰のための政治なのか。政治は「人民の人民による人民のための政治」こそ大切だ。これを忘れている。みなさんの力で舟山やすえさんを国政に送ってほしい。平和・安心・安全の政治のために舟山やすえさんを国政に送ろう。
■原田菜月氏
最近「貧困」という言葉が多く聞かれる。ひとり親世帯の50.8%が貧困でそのうち女性のほとんどが非正規労働。生まれてくる子供が戦火に巻き込まれてほしくない。ひとりでも多くの方に舟山やすえ支持をお願いしたい。
■近藤洋介 衆議院議員
もう一度山形県の参議院議員として舟山さんを誕生させてほしい。政策については十分な方だ。「目指すのはうそのない政治」TPPは聖域を守るといっておきながら、守ったものなどない。平気でうそをつく。うそをつく政治と戦うのが舟山やすえさんだ。山形から「まっとうな政治をとりもどそう」
■志田裕和氏(青年代表)
私も後輩も戦争に行くのは嫌だ。TPPのせいで農業をする人間がいなくなるのではないか。私は舟山さんを応援する。
■菊地わかな(子育てママの会)
舟山さんを応援するみんなの代表としてきました。戦争法案を絶対廃止にしなければならない、とママの立場で訴えている。舟山さんを国会へ送り出すために声を上げたい。
■鹿野道彦 元農林水産大臣
舟山さんにもう一度参議院議員になってほしい。新しい舟山やすえにご理解いただき、皆さんから導いてほしい。
■舟山やすえ
3年前のことについて、お詫びと反省をしている。この3年間いろんなことを学んだ。子育てしながら農業をしながら「置賜自給圏推進機構」を立ち上げた。地域でお金が回る好循環をつくりたい。暮らしは政治から影響を受ける。介護・保険・税金などかかわればそれに適応しなければならない。安保関連法案は国民の大多数の反対の声を受け止めなければならない。自民の政治姿勢は大いに疑問だ。もう一度国政で間違った政治にブレーキをかけたい。ひとりひとりを大切にする政治が必要だ。山形から政治を変えていく。地方から政治を変えていこう。皆さんと今日から一歩を踏み出していきたい。地域の未来のために全力で頑張りたい。
(報告・写真 広報部 加藤浩一)

舟山やすえからのメッセージ(2016年3月1日)

 小国町に嫁いで16年。 

 地方暮らし(特に山間部)は大変だろうという声もよく耳にしますが、地域特有の資源が多様に利用され、循環、再生していく様子を見るにつけ、日々の生活の中に様々な工夫があり、つながりがある、むしろ宝の山の中で暮らしているのでは、という気がしています。そして日本中どこにも当たり前のようにあったこの営みこそが、これからの日本再生、故郷再生の鍵なのではないか、と考えるようになりました。それは今般声高に叫ばれるグローバル化とむしろ対極にあり、時代の流れに逆行していると言われるかもしれません。しかし、地域にとっての一番の財産は「人」であり、その「人」が最も活かされ、そして輝くことができるのは「グローバリズム」の対極の「ローカリズム」の中にこそあるのだと思うのです。 

 

 日本の農業は今、岐路に立っています。農業は、最もグローバル化に適さない分野であり、攻める農業の本家本元の「米国」でさえ大規模輸出型農業と自国民の食に供する地産地消型農業を明確に分離し、後者には厳密な安全基準を適用、さらには手厚い補助により家族農業、協同組合型農業を保護しています。我が国も、早急に食料安全保障の確立を急ぎ、自給率向上を目指さなければなりません。 

 

 そのような中で、黙ってみているのではなくきちんと声をあげていくべきだ、そんな思いに至り、この度、重大な決意を固めました。「民主主義」というのは、時間と手聞をかけて、少数意見も大事にしながら物事を決めていくプロセスを大事にする事だと思います。しっかり国民と向き合った政治の実現に向けて全力で取り組んでいきたいと思います。皆様方のご支援とご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願いいたします。 


舟山やすえ新しい挑戦へ(2015年12月12日)

  皆さん、お元気ですか。大変ご無沙汰しております。今日は皆さんにお伝えしたいことがあります。

  来年(2016年夏)の参議院選挙 山形県選挙区(1人区)に無所属で立候補することを決意しました。

 

【土と共に暮らしてきました】

 

 2年半前の前回の参議院選挙で落選して以来、地元小国町を拠点として、非常に小さな規模ですが農業を営んできました。その農業を軸として様々な地域での活動を行って参りました。具体的には、学校給食に農産物を供給するといった生産組合をつくり私もその一員となりました。まさに「土にどっぷり浸かった生活」です。

 

【置賜の仲間と共に自給圏構想】

 

 また一方で中央の政治の世界では、グローバル社会を志向するアベノミクスにより「景気は良い」と言われていますが、なかなか置賜地方の状況は好天の兆しが見えてきません。そのような状況の中で、中央の方を向いて何かが降りてくるのを待っているのではなくて、自ら行動を起こさなければという思いで友人たちと「置賜自給圏推進機構」を昨年立ち上げました。

 要は「地域にはこんな素晴らしいものがあるんだ」ということを地域に住む人達がまず気づいて使って、それでお金を回していく。これこそが地方創生の一番の要ではないのかという思いがあり、党派とかイデオロギーを超えて幅広い皆さんの結集で活動してきました。

 

【一極集中の社会で地方は良くなるのか】

 

 これらの活動を通じて、安倍政権が目指しているTPPも含めて「グローバル化志向」というものに対し強い疑問を感じました。成長も大切かもしれませんが、大きい強い所にすべて富が集中するやり方で果たして地方は良くなったのでしょうか。一極集中でなかなか地方には回復の兆しが見えない。土と共に生活していると改めて感じるわけです。

 

【農業は人と地域を元気にするもの】

 

 TPPも中身を見てみると何を獲得できたのだろうかという疑問だらけです。大筋合意を受け、今、新しい農政ということで、「攻めの農業、強い農業」と言われていますが、それで本当に地元が良くなるものでしょうか。

 農業の本来あるべき姿は地域と共に、人と地域を元気にする、持続可能なものでなければならないと思います。

 私が農林水産大臣政務官時代に立案にかかわらせていただきました個別所得補償制度はまさに地域農業を守るという観点で作られたものです。TPPも今の政権が目指そうとしている農業政策もとんでもないものとして映ります。そしてさらに安全保障の問題でも、憲法違反という疑義がありながら強引に力で法案を通してしまいました。

 私はこのことにおかしいと思うだけで黙ってみているのではなくきちんと声をあげていくべきだ。そんな思いに至り、今回、多くの皆さんから背中を押していただきまして、来年の参議院選挙に立候補をする決意をした訳です。

 

【「民主主義」を取り戻すために】

 

 安倍政権は強引で地方を顧みない。一極集中を作ってしまった問題もありますが、私は「民主主義」をもう一度、取り戻さなければならないと思っています。

 「民主主義」というのはある程度、時間と手間をかけて、少数意見も大事にしながら物事を決めていくプロセスだと思います。何でも早く決めればいいというものではありません。結論を急ぐあまりに異論を排除し、すべて結論ありきというやり方は「民主主義」ではありません。

 さらに言えば、TPPも安全保障の問題も日本国民に説明をする前に、アメリカの議会で「やります」と宣言し、「夏までに安保は議会で通します」という約束をして物事が決まっていくというやり方は、もはや立憲主義国としてまた、民主主義国として大いに問題があります。しっかり国民と向き合った政治を取り戻す、ここはなんとしても変えていかなければならないと思います。

 非自民結集、県民党として、現場の声を拾い伝えていくことができるかが問われている大事な選挙だと思います。

 私も全力で取り組んでいきたいと思います。

(文責:舟山やすえ事務所)